日本メディアは報じない、『東欧・ベラルーシ』で起こる情勢不安。

今日のテーマは、『日本メディアは報じない、東欧・ベラルーシで起こる情勢不安』です。

 

 

何故か、日本のメディアは殆ど報じていないテーマです。

 

 

そもそも、東欧・ベラルーシという国家をご存知でしょうか??

 

 

自国通貨単位『ベラルーシ・ルーブル』が示すとおり、

元々、旧ソ連、独立国家共同体を形成していた国です。

 

 

IT産業に従事する方には、『東欧のシリコンバレー』として知られ、

また、『美男次女大国』として有名なプラスな側面を持っています。

 

 

ただ、

 

 

残念なことに、『旧ソ連の独裁国家』としても名が知れており、

先進諸国のような『民主主義』は、展開されていないようです。

 

 

今回、

 

 

同国の国内情勢が不安定化しているのですが、

その理由は、今月行われた大統領選において、

『不正』が行われたとの疑念が高まっている為。

 

 

先日、

 

 

現職・アレクサンドル・ルカシェンコ大統領が、

6期目当選を宣言しましたが、これについて、

『不正選挙』であった見方が強まっています。

 

 

中央選挙管理委員会公表値では、

 

 

現職・ルカシェンコ氏の得票率『80.1%』に対して、

対立候補・チハノフスカヤ氏のそれは『10.12%』。

 

 

数字上で見れば、

 

 

現職・ルカシェンコ氏の『圧倒的人気』が際立ちますが、

この状況で、国民から『不正疑惑』を掛けられる辺りは、

真実であれば、『独裁国家』としての底力を感じますね。

 

 

実際、

 

 

ベラルーシ国内では、各地でデモ活動が活発化しており、

首都・ミンスクでは10万人規模が市街中心部に集結し、

デモ隊と警察の衝突の中では『死者』すら出ています。

 

 

この状況で、

 

 

現職大統領も、常に防弾チョッキを着用して公務をに従事し、

移動の際には、自らも自動小銃を持つ姿が捉えられています。

 

 

その姿は、シリアスな雰囲気を醸し出しており、

日本では、なかなか考えられない光景です(笑)

 

 

片や、

 

 

我らが安倍首相は、『アベノマスク』着用でコミカルさを演出し、

経済活動減速からくる、『閉塞感』を吹き飛ばそうとしてくれる。

 

 

深刻な状況で、『笑い』を提供してくれる人ほど、

『度量』の大きな人間は、存在しないと思います。

 

 

話を戻すと、

 

 

今回の大統領選挙において、中立選挙監視団は呼ばれておらず、

不服申立てをしたチハノフスカヤ氏が、一時、拘束される事態に陥りました。

 

 

その後、

 

 

何とか『命』に別状ない状態では解放されたものの、

同氏は、隣国・リトアニアに亡命してしまいました。

 

 

2020年を迎えた今尚、世界各国では、

このような状況が『普通』に存在します。

 

 

つくづく、日本国の『平和さ』を実感させられますね。

 

 

前述の通り、

 

 

国内情勢が不安定化している東欧国家『ベラルーシ』ですが、

この状況は、『経済』という点でもマイナス作用しています。

 

 

冒頭ご紹介の通り、

 

 

同国の通貨単位は『ベラルーシ・ルーブル』ですが、

騒動後、対米ドル、対ユーロ共に大きく下落しており、

特に、後者は『過去最安値』を更新してしまいました。

 

 

現在、

 

 

『ベラルーシ』国内では、『外貨需要』が高まっており、

情勢不安が深刻化・長期化すれば、その傾向は一段と加速していきます。

 

 

幸か不幸か、

 

 

日本では、直近半世紀ほど『良い時代』が続いてきた為、

国家的有事の際、どのように状況変化が起こるか、多くの方々が知りません。

 

 

ベラルーシ国内で、

 

 

多くの国民が『外貨資産』を保有しようとする動きは、

下落する自国通貨を保有し続けると、目減りする為で、

金融危機が起こった際、国民が取る『常套手段』です。

 

 

そして、

 

 

このような状況で起こるもう1つのパニックは、

金融機関(銀行)に対する『取り付け騒ぎ』で、

実際、多くの国民が預金を引き出そうと殺到しています。

 

 

象徴的なのは、

 

 

某国営銀行において、預金者からの引出し請求が殺到し、

その請求総額は、『250万米ドル』に達したのだとか。

 

 

それに対して、

 

 

該当銀行が手元資金として保有していたのが、

『10万米ドル』ほどだったと言いますから、

もはや、『笑い話』にもならないレベルです。

 

 

前述、

 

 

直近半世紀の日本は『良い時代』を過ごしたと紹介しましたが、

その間にも、世界各国は、様々な『有事』を経験して来ました。

 

 

代表的なのは、

 

 

話題にする『ベラルーシ』もかつて所属した『ロシア危機』で、

この時も、『ロシア・ルーブル』は歴史的下落幅を記録します。

 

 

当時、

 

 

海外諸国は勿論のこと、ロシア国内においても、

『ロシア・ルーブル』を受け取ろうとする人間はおらず、

その一場面は『映画・007』の中でも描かれています。

 

 

また、

 

 

1990年台後半、時代が『2000年』の節目を迎える直前、

韓国が『外貨準備不足』から通貨危機に陥ったことも象徴です。

 

 

多くの日本人にとって、

 

 

なかなか『実感』が沸きにくいことなのかも知れませんが、

『国家の信用』如何により、『通貨』は簡単に変動します。

 

 

2020年現在、

 

 

21世紀に突入して『20年間』もの時間が経過した今尚、

ほぼ100%近い日本人が、総資産を『日本円』で保有し続けます。

 

 

この事が、

 

 

如何に『リスク』を孕み、如何に『視野』の狭い行動か、

東欧・ベラルーシの事例で、学ぶと良いかも知れません。

 

 

『国家的有事』は、いつも突発的に起こるものでは有りません。

 

 

一般の方々には『突発的』に見えても、

『サイン』は常に存在しているのです。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■8/28(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■8/29(土)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile