金融危機当時、『GPIF』への影響はどうだったのか??

今日のテーマは、『金融危機時、GPIFへの影響はどうだったのか??』です。

 

 

金融危機(サブプライム・ショック)から、今月で『10年』。

 

 

節目の年を迎えるので、今月はどうしても関連したテーマに目がいきますね。

 

 

実際、

 

 

今週は『サブプライム・ショック』に関連するテーマで、

公式ブログの記事も更新させて頂いています。

 

 

今日で一旦『一区切り』付けようと思うのですが、

最後に、個人的に触れておきたいテーマを取り上げました。

 

 

『GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)』

 

 

現時点で、

 

 

運用資産総額が『150兆円』を超え、

『世界最大のヘッジファンド』と呼ばれる、我が国の年金資金運用機構です。

 

 

現在でこそ、ある程度その存在を認識する方々が増えましたが、

金融危機が起こった2008年当時は、そこまで認知度は高くありませんでした。

 

 

その名を一躍有名にしたのは、今から4年ほど前の『2014年』まで遡ります。

 

 

当時、

 

 

2012年に第二次安倍政権が発足し、日銀総裁も変わり、

日本市場に『金融緩和』と『株高』の波が一気に押し寄せていた頃です。

 

 

その際、

 

 

『立役者』となったのが、今日ご紹介している『GPIF』で、

それまで『12%』ほどに抑えていた『株式割合』を、

一気に倍増させて『日本市場』の上昇に大きな一役を買いました。

 

 

それまで、

 

 

『GPIF』の資産配分としては、『日本国債』が全体の60%を占め、

その次に高い割合の『日本株式』も、前述の『12%」程度です。

 

 

実に、

 

 

日本の『国内資産』だけで、全体の『72%』を占めるわけですが、

これは、かつての山一證券社員が全ての資産を一瞬で失ったように、

『会社員』が『自社株買い』で総資産を築く状態と同等です。

 

 

わかりやすく言うと、

 

 

『日本経済』が今後も上昇すれば(第二次高度経済成長期が来れば)、

『年金原資』も潤い、日本国民は恵まれますが、その反対では危機的状況に陥ります。

 

 

『会社員』で言う『自社株フルベット投資』は、リスクが高く、

『GPIF』がこの戦略を取ることは、『年金原資で丁半博打を打つ』のと同等です。

 

 

それを意識してか・せずかはわかりませんが、

 

 

2014年10月にこの『資産保有割合』は一新され、

それまで60%を占めていた『日本国債』は『35%』まで激減。

 

 

それを補うかのように、

 

 

『日本株式:25%』『外国株式:12%』『外国債権:11%』と、

ボラティリティ高い資産クラスに配分して運用をスタートしました。

 

 

ちなみに、

 

 

『GPIF』が『株式割合』を高める時(『国債割合』を下げる時)、

首相御自ら、海外諸国の機関投資家にプロモーションしたのは有名な話です。

 

 

彼らからしたら、

 

 

これから『世界最大のクジラ』が動き出すことがわかっているので、

その前に行動を起こせば、『濡れ手に粟』のぼろ儲け商売です。

 

 

世間にはあまり知られていませんが、あの動乱の時期に、

日本市場は『海外投資家』に多大なる恩恵をもたらしたのです。

 

 

話が逸れたので、元に戻します。

 

 

一般的に、『債権』はリスクの比較的低い『安全資産』として、

『株式』は、ボラティリティ(変動)を受け入れなければいけないので、

『リスク資産』として分類されています。

 

 

もしも、

 

 

2008年の『サブプライム・ショック』当時、

この比率で『GPIF』が資産保有していたら、どうなっていたのでしょうか??

 

 

そもそも、

 

 

旧態依然の『資産クラス保有割合』だった場合で、

当時の『GPIF』の運用成績は、どのように変化していたのでしょうか??

 

 

世界市場が『メルトダウン』寸前だったので、

 

 

その当時、認知度も低かった『GPIF』自体は話題になりませんでしたが、

実は、2008年単年で『21%』もマイナスリターンを叩き出していたのです。

 

 

幸いなことに、

 

 

2001年の運用当時の『資産総額』を割ることはありませんでしたが、

それまで順調に運用してきた『利益』を、『1年』で吐き出した計算になります。

 

 

ちなみに、

 

 

昨年度末(2018年3月末)時点の資産総額『156兆円』で、

同じことが起きたとすると、評価損は『約33兆円』まで膨らみます。

 

 

更に、

 

 

『国内外株式』『海外債権』の比率を高めた現在の状況で同様の事態を迎えたら、

総資産『156兆円』分の『53兆円』が消え去る計算になるようです。

 

 

この数字だけ見ても、

 

 

10年前の『あの出来事』が想像以上のインパクトを残し、

『100年に1度の金融危機』と呼ばれたのを実感できますね。

 

 

大前提として、

 

 

『GPIF』の短期的な運用の増減で、直近の年金支給には影響を与えませんが、

それでも、国民全体の『年金原資』が減る事に、良い気持ちがする方はいません。

 

 

『10年前』の再来があれば、私たちは平生を保てるでしょうか??

 

 

ただし、

 

 

これも私たちがしっかりと理解しておかなければいけない事は、

『未曾有の金融危機』が起こった後も、5、6年の時間を置く事で、

各クラスの『資産』が金融危機以前まで回復した事です。

 

 

更に、

 

 

もしこの時、慌てて市場を飛び出していたら、

その後の順調な成経済長の『波』に乗り遅れていたことも事実。

 

 

これからも『経済成長』と『金融危機(調整局面)』は、

長いスパンで見て、交互に必ずやって来るでしょう。

 

 

短期視点で『一喜一憂』を繰り返すのではなく、

長期視点で、本物の『資産形成』を心掛けて、実行して行きましょう。

 

 

『長期視点で物事を考え、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

今月、大阪・梅田は本日『9月26日(水)』の日程して開催致します。

 

 

■2018年9月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile