2040年、就業者数『1300万人』減でも、あなたは仕事を奪われる。

今日のテーマは、『2040年、就業者数1300万人減でも、あなたは仕事を奪われる』です。

 

 

なかなか、挑発的なタイトルになりました(笑)

 

 

昨日の公式ブログでは、『年金未納リスク論は真実か??』と題して、

公的な年金システムに保険料納付しても、全く意味がない事を書きました。

 

 

今の時代、

 

 

所属する『国家』『企業』の言う事をきちんと聞いていれば、

後は、『自分ではない誰か』が面倒見てくれる時代は終わりました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

既存の『年金システム』は、国家が手掛ける公共の『ねずみ講』であり、

完全なる『ポンジ・スキーム』であり、『自転車操業』を続けています。

 

 

事実、

 

 

私たち現役世代が納付する『年金保険料』は、

『ブラック・ボックス』の中で大部分が『給付』へと回り、

運用後、将来自分達に戻される制度では決してありません。

 

 

既に、

 

 

この事は日本政府も認めているところであり、

50歳未満の国民では『納付額』に対する『給付額』はマイナスが確定。

 

 

特に、

 

 

現時点で20代以下の若者たちで見ると、

その『マイナス金額』は天文学的かつ、衝撃的な数字になってしまいます。

 

 

それでも、

 

 

(*私自身、世界最大の暴力機関と呼んでいるのですが、)

『国家権力』による『強制徴収』が原則となっているので、

上記事実が明るみに出ていても、国民は保険料納付しか選択肢が無いんですね。

 

 

本当に、

 

 

一個人・一民間企業が行えば『犯罪行為』として逮捕される行動も、

『国家』という巨大権力が行えば、まかり通ってしまうから不思議です。

 

 

いや、実は、それこそが『世の常』なのかも知れませんね。

 

 

何れにせよ、

 

 

自分にとって『アンコントローラブル』な事を嘆いてもしょうがないので、

自分自身に『出来る事』を、1つずつ積み上げていくしか仕方ありません。

 

 

国民一人一人が、自助努力で『資産形成』を実現していく時代。

 

 

この言葉をしっかりと頭に入れて、公式ブログ読者の皆さんが、

堅実に、着実な『資産形成』を進めていって頂けたら幸いです。

 

 

それで、

 

 

平成最後の『成人式』から一夜が明けて、

今日の新聞各紙でも、なかなか衝撃的な報道が出てきています。

 

 

『2040年、就業者人口は2割減少の5245万人に

 

 

1月15日、

 

 

厚生労働省から発表された『2040年就業者推計』では、

日本は今後20年間『0%成長』に近い状態が長期継続し、

就労者人口は『5245万人』まで落ち込むといいます。

 

 

これは、

 

 

2017年の就労者人口として『1300万人』近い減少で、

割合としては、全体の『20%』が消滅する計算になります。

 

 

昨日、『新成人』となった若者が全国で『約120万人』ほど。

 

 

対して、

 

 

毎年の『出生児』は連続して『100万人』を下回りますから、

日本の『少子(超)高齢化』は、私たちの想像以上に早く進んでいるかも知れません。

 

 

『就労人口』の話に戻ると、

 

 

人間は、年齢的にいつまでも働き続けられる訳ではありませんから、

『20年』が経過すれば、『生産年齢人口』の顔ぶれも入れ替わります。

 

 

しかし、

 

 

前述の通り、『生産年齢人口』については、今後数十年間から100年程度、

『新規参入者』よりも『退出者』が超過する状況ですから、報道にも納得です。

 

 

現在でも、

 

 

東京・大阪を中心として大都市部を中心に『人手不足』が叫ばれますが、

今後、この『流れ』もより一層スピード増して加速していく事が考えられます。

 

 

ただし、

 

 

この時代の流れは、果たして、私たちにとって良い事なのでしょうか??

 

 

報道の通り、

 

 

『就労者人口が減少する』という部分のみを抜粋すると、

一見、『労働者』としては『引く手数多』で良い状況を描かれるかも知れません。

 

 

しかし、

 

 

少しだけ『思考回路』を活用すればわかる事ですが、

『就労者人口』だけでなく、日本全体の『人口』が減る社会では、

『社会全体』として求めらる商品・サービスのパイも縮小します。

 

 

2040年の日本では、

 

 

確実に現在(2019年)と比較して『GDP』も減少しますし、

社会全体を循環する『経済』も、残念ながら減少していくでしょう。

 

 

つまり、

 

 

商品・サービスの『需要量』が減少する社会では、

求められる『就労者』も減少するか、『数』が変わらなければ、

時間・労働に対する『単位対価』も確実に減少するのです。

 

 

石川啄木の世界よろしく、

『働けど働けど、我が暮らし楽にならざりけり、、、、』です。

 

 

更に、

 

 

昨今のAI技術の革新的進歩により、パイが縮小しなくても、

そもそも、『人』が介在する『仕事』が減少するという問題もあります。

 

 

例えば、

 

 

私が関わる『金融』という分野ではそれが特に顕著で、

日本のGDP並みの資産を運用する『ブラック・ロック』では、

世界全体で『500人』の従業員削減を、先日発表しました。

 

 

もっと凄いのは、

 

 

これまで『金融の花形』と考えられてきた、GSの『トレーダー』も、

現行の『600人』から削減されて、何と、残ったのは『2人』です(笑)

 

 

これまで、

 

 

『年収数千万円』から、運用成績によっては『数億円』稼いでいた人間が、

技術革新の波に飲まれて、一瞬で『お払い箱』になってしまったのです。

 

 

彼ら、恐らく、読者の皆さんより頭脳明晰ですよ(笑)

 

 

このような事があちらこちらで起こっている状況で、

果たして、あなたは自分自身が『一生安泰』だと考えられるでしょうか??

 

 

2040年、

 

 

確かに日本の『就労者人口』は減少するでしょうが、

それはそのまま、あなたの『雇用』が確保される事は意味しません。

 

 

その観点でも、『資産形成』を進めていく必要性はあるのです。

 

 

私の公式ブログでの情報発信をご覧頂き、一人でも多くの方々が、

その『事実』に気付き、具体的な『アクション』を起こして頂けたら幸いです。

 

 

私たちが生きるこれからの数十年間、

日本、世界は『激動の時代』を過ごすことになるのです。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮1月28日(月)、大阪・梅田1月29日(火)の日程にて開催します。

 

 

■2019年1月28日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年1月29日(火)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile