日本人は『金融平和ボケ』国民★

今日のテーマは『日本人は金融平和ボケ国民』です★

小さい頃から親の世代を見てきて、そして、

『お金のセッション』をしていていつも感じることです。

いくつか例を挙げていきます。

①『日本円』の価値は一定だと思ってる。

ここ最近の急激な円安で、

流石に皆さんもこれが違うと気付いてきました。

しかし、まだまだ『ほぼ一定』くらいに思ってる。

そもそも、1971年のニクソンショックから、

世界中で価値を保証された『貨幣』はありません。

既に祖父母の時代で、この概念は崩れていました。

昨年末にかけて、

ロシアルーブルが大きく下落したのは記憶に新しい。

またそれ以外にも、

定期イベントになりつつある各国のデフォルトでも、

その国の通貨下落は普通に起こっています。

あなたが『価値がある!』と思って必死に抱えている『お金』も、

情報化社会では、一瞬で『流れ』が変わり、

価値を無くなることも十分可能性があるのです。

②銀行は、便利なロッカー。

この考えを持つ人も多いと思います。

『え?違うの?』みたいな声が聞こえそうです(笑)

あなたが銀行に入れていると思ってる『お金』は、

ただ単にあなたの口座に『数字』としてあるだけです。

その証拠に、みんなが一斉に銀行に押し寄せたら、

銀行さんは全てを払い出すことは不可能です。

僕たちの預金は、ご丁寧に『国債』購入に充てられます。

主に、日本国債と償還不能の米国国債です。

なので、皆さん間接的に『投資家』なんですよ(^_^)

で、安全な『ロッカー』だと思ってる銀行も、

有事の際には簡単に預金封鎖されるし、

保証される額も、最高で『元本1000万円+利子』だけです。

これ、安全ですか??(笑)

③『保険』は、少しでも多く返ってくればOK。

これも、日本人の『お人好し』全開の項目です。

例えば、『生命保険』とかで、総払込み金額800万円、

65歳以降になると解約返戻金が800万円を越えてくる、

みたいな商品をよく見かけます。*金額はまちまち。

30年間くらい『お金』を払い続けて、

30年後少しでも多く戻ってきたらOK!!

本来『自由』なはずの『お金』を、

使える『用途』『タイミング』を不自由にした上で、です。

日本人はなぜかこんな『取引』で満足してしまう。

海外の人からしても、金融機関からしても、

この事実は『世界の七不思議』に入ります。

ここでは詳しくは述べませんが、世界の常識では、

『30年間』という期間『お金』をフィックスされるなら、

もっとそれ相応の対価を求めます。

『日本のスタンダード』では、『お話』にならないのです。

④『ハイパーインフレ』は、日本には無関係。

皆さんも一度は目にしたことがあると思います。

『ハイパーインフレ』が起こった国で、

札束を抱えて買い物に行って、買えるのはパン1個、みたいな。

でも、『日本には関係ないでしょ』と感じてると思います。

正直、将来これが起こるかは誰にもわかりません。

『理屈』と『実際』は違うからです。

日本は『世界最大の債権国』ですが、

そもそも返済してもらえなければ『不良債権』です。

日本国債の累計1100兆円も、

『特別会計』とかの資源使って何とかせえよって感じですが、

政府としては、国民の金融資産額とリンクしたときに、

何かしら起こすのは絶好のタイミングです。

そう考えると、日本も『他人事』ではないかも知れない。

最悪の事態に備えて、

準備を進めても良いかも知れません。

『備えあれば、憂いなし。』

とりあえず、今日は以上です★

まずは、自分達が『常識』やと思ってきたことを、

少しずつ頭で考えて『判断する』ことから始めてみてください(^_^)

254

17 件のコメント