【金】から【暗号資産】へ、保有資産の【世代交代】は進むのか??

今日のテーマは、『【金】から【暗号資産】へ、保有資産の【世代交代】は進むのか??』です。

 

 

コロナ禍、日々刻々、『変化』が訪れていますね。

 

 

久しぶりに、本日から東京出張を行っていますが、

本日の都内新規感染者数は、再び500人に肉薄。

 

 

元々、

 

 

活動拠点・大阪も『感染拡大エリア』ですから、

2地点間の移動は、本来は、極力避けたいもの。

 

 

今春以降、

 

 

『クライアント限定セミナー』を完全オンライン化して以降、

東京のクライアントさん達とは、本当に久々の直接面会です。

 

 

個人的には、

 

 

やはり、リアルにお会い出来ることを嬉しく感じますが、

『感染リスク低減』に努めてこちらでも活動しています。

 

 

振り返れば、

 

 

日々、揺れ動く『社会情勢』とは切り離された形で、

『投資市場』は、相変わらず堅調に推移し続けます。

 

 

この辺り、

 

 

日本市場・米国市場とも、歴史的高値圏で推移することは、

直近でも、度々、公式ブログでも取り上げて来ましたよね。

 

 

原因としては、

 

 

『新型ウイルス』発生直後、リスクの暴露により『乱高下』した市場に、

『落ち着き』を取り戻す為、各国政府が『大量金融緩和』を実行した為。

 

 

これにより、

 

 

『緩和マネー』は(超)大量に市場供給され、世界市場を駆け巡り、

『株式』『債権』『不動産』『コモディティ』等々に流れ込みます。

 

 

その結果、

 

 

『経済循環』の減速から、『実体経済』は成長していないにも関わらず、

資金流入の『程度』の差こそあれ、投資市場で凡ゆるものが上昇します。

 

 

しかし、

 

 

そもそもの『数字』が持つ意味が変化しているだけなので、

その『数値上昇』を、手放しで喜べるわけではありません。

 

 

前述の通り、

 

 

『緩和マネー』が世界市場を駆け巡り、凡ゆるものが上昇したものの、

市場参加者が『将来的リスク』を嫌気する形で、金市場に資金は流入。

 

 

実際、

 

 

今年8月に『ピーク』を打つまで、『金取引価格』*は上昇し続け、

国際取引単位(*)あたり『2000米ドル』を射程圏に捉えます。

(*国際取引単位:1トロイオンス=31.1035グラム。)

 

 

その当時、

 

 

私の保有資産(ポート・フォリオ)内の『金関連資産』の比重も増大し、

一時期、『リバランス』の必要性を検討する情報発信もしていましたね。

 

 

数年前、

 

 

取引価格が、単位あたり『1200米ドル』台で推移したことを考慮すると、

僅かな期間で、大きく『値』を戻したここまでの動きは特筆すべきことです。

 

 

直前の時期には、

 

 

あまりの『金取引価格』の(継続的な)低空飛行ぶりに、

『時代の転換』を予言した投資家も、存在したほどです。

 

 

2020年、

 

 

突如出現した『新型ウイルス』の存在が、対極の存在とも言える、

超古典的・伝統資産『金』の健在ぶりを証明した形になりました。

 

 

そう考えると、世の中、分からないものですね。

 

 

ところが、

 

 

そこから、更に数ヶ月間が経過し、年の瀬迫る中、

最近の取引市場は、若干『変化』が訪れています。

 

 

結局、

 

 

今夏の『ポートフォリオ・リバランス』は未遂で終わったのですが、

保有する『金関連資産』のウェイトは、最盛期ほどの勢いなく減速。

 

 

具体的には、

 

 

単位あたり『1800ドル台後半』の取引価格で推移しており、

ピーク値から比較して『▲8%』程の下落を強いられています。

 

 

当然の話、

 

 

『コモディティ』の一種である同資産は、保有することにより、

『インカムゲイン』が発生することは、未来永劫あり得ません。

 

 

よって、

 

 

市場が『活況』を呈している、現在のような状況下では、

身限られて『株式市場』に流入した推測も成り立ちます。

 

 

確かに、

 

 

『その流れ』も、当然、少なからず存在しているのでしょうが、

異なる投資対象に対して、資金流入が起こっていると言います。

 

 

皆さん、伝統資産から引き上げられた資金が、

どこに向かっているか想像出来るでしょうか??

 

 

そう、ここに来て、『暗号資産』が再び脚光を浴びています。

 

 

実際に、

 

 

『金取引価格』の若干の下落に『逆相関』する形で、

代表通貨『ビット・コイン』の取引価格は継続上昇。

 

 

約3年前、

 

 

『2万ドル』目前の過去最高値をつけた同通貨(?)ですが、

2018年初の『バースト』を機に、資産価値は崩壊します。

 

 

その時、

 

 

『ピーク値』を基準点として、『約8割』が吹き飛びましたが、

2020年終盤、人知れず、その価値を絶頂期水準に戻します。

 

 

米著名投資銀行の発表によると、

 

 

近年、注目集める『グレースケール・ビットコイン・トラスト』には、

第4四半期のみで『20億ドル超』の資金流入が起こっているとの事。

 

 

同トラストは、『米国籍』『オープンエンド型』トラストとして成立し、

投資対象を『暗号資産(ビット・コイン)』のみとした初の証券化商品。

 

 

*『適格投資家』を対象に、『私募』で資金募集される為、

 一般的な保有資産レベルの『個人』では投資できません。

 

 

反対に、

 

 

『金連動型ETF(上場投資信託)』からは、資金流出が続いており、

米国市場では、同期間だけで『70億ドル』の流出超過と言います。

 

 

果たして、

 

 

『資産形成:投資』の世界においても、プロ・スポーツ業界同様、

このまま、スムーズに『世代交代』が進んでいくでしょうか??

 

 

結論、そうはならないと考えます。

 

 

もしかすると、

 

 

短・中期的視点では、この流れは『継続』かも知れませんが、

代替資産として資金流入している『ビット・コイン』市場も、

近い将来での、オーバー・シュート再来が予見されています。

 

 

そもそも、

 

 

現時点、『暗号資産』の取引価格自体が『期待値』含みで形成されており、

そのもの自体が、『資産価値』として評価されているものではありません。

 

 

要は、

 

 

市場参加者が、『自分自身の好みはどうか??』ではなく、

『社会全体が美人と評価する人は誰か??』を指標として、

【美人コンテスト】を開催していることと同義です。

 

 

勿論、

 

 

『金』を始め、他の投資対象にも、その要素は含まれますが、

『寄与度』という観点で、暗号資産はそれが突出しています。

 

 

近い将来、

 

 

『暗号資産』にも、再び調整が入ることが予想されて、

最近のトレンドと逆行する形で『金市場』に流入する。

 

 

当然、『金』という資産は、これからも輝き続けます。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、今後も、暫くの期間、

『リアル』『オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■12/22(火)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■12/23(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile