『マイホーム』という魔物★

今日のテーマは『マイホームという魔物』です★

今日の話は、Facebookで拡散希望です(^_^)

一般のサラリーマンにとって、

ある種麻薬性をもった夢として『マイホーム購入』があります。

相談されるケースを聞いていると、

奥さんから希望されることが多いのかな。

結論から言うと、

会社員が『マイホーム』を買うと、人生が終わります。

『投資』という1つの観点から言うと、

日本国内での『居住用不動産』購入はアウトです。

あなたが契約書に判子を押した瞬間に、

2~3割の資産価値が吹っ飛びます。

150万歩ゆずって、

『フルキャッシュ』で買うならまだ理解できます。

『マイホーム』には『夢』という観点もあり、

『経済的合理性』だけで判断できないこともわかってますので、、、

しかし、一般的な方々は、

『フルキャッシュ』で購入するケースは稀でしょう。

だいたいのケース、土地・建物総額5,000万円程のものを、

頭金1,000万円程度、フラット35で購入とかではないでしょうか。

この決断をした瞬間、

あなたは人生を『銀行に貢ぐこと』に捧げることになります。

なんでそうなるのか??

シンプルに説明します(^_^)

そもそも、このケースで『4,000万円』融資するのに、

銀行はどれくらいの『自己資本』が必要か知っていますか?

1%。約40万円程です。

『じゃあ、残り3,960万円はどこから来てるんだ?』

という声が聞こえてきそうです。

それ、ほんまは無いんです。

銀行は『お金』を『有ること』にして貸し出せるんです。

これが『信用創造』★

つまり、何が言いたいかと言うと、

銀行は最初から『自分のお金40万円』だけ回収すれば良いと言うこと。

このケースでは、月々の返済が10万円を上回るので、

銀行としては最低4ヶ月だけ支払いをしてくれればOK。

あとの5ヶ月目以降から35年間は『ボロ儲け』です。

あなたが上場企業の会社員の場合、

そら銀行は簡単に融資してくれますよ。

『4ヶ月で返済不能』

世の中に『可能性がゼロ』のことは無いと思いますが、

この場合、限りなく低いですから。

『ボロ儲け』できる可能性から考えたら、

恐ろしく『期待値』の高い商売です。

この事実は、銀行の融資担当でも、

賢い人しか知らないんじゃないかな?

彼らは、自分がやってることは理解せず、

目の前の仕事と上からの評価だけ気にして働いてます。

ここまで聞いて、まだ『マイホーム』をローンで買いたい人は、

もう止めません。ご自由にしてください★

人生の決定権はあなたにあります(^_^)

246

24 件のコメント