【信じる者は救われる】の信仰は、現実世界で成立しないと知ること。

今日のテーマは、『信じる者は救われるの信仰は、現実世界で成立しないと知ること』です。

 

 

昨日の記事では、『一般会計予算』を取り上げました。

 

 

少しだけ振り返ると、

 

 

来年(2022年)度のそれは『約107.6兆円』で、

前年比1%プラス、10年連続で過去最高値更新します。

 

 

2016年、

 

 

『一般会計予算』が補正を除いて100兆円超えた際、

規模の大きさから、相応メディアで話題になりました。

 

 

しかし、

 

 

その後も『100兆円超』が常態化してしまった事で、

現在では、誰も騒ぎ立てる人もいなくなってしまった。

 

 

むしろ、そのことの方が、ヤバイと感じてしまいます。

 

 

私たち国民サイドも、完全に『感覚』が麻痺している。

 

 

話を戻すと、

 

 

前述した『歳出:国家運営に必要なコスト』に対して、

国家の収入に相当している税収は『65.2兆円』ほど。

 

 

確かに、

 

 

直近数年間、歳入(税収)も着実に増加していますが、

『一般会計予算』の数字とは、未だ大きく乖離します。

 

 

因みに、

 

 

年度の半ばで計上する『補正予算』はもちろんのこと、

日本国の運営には『特別会計』なるコストも存在する。

 

 

しかし、

 

 

それまで話し始めると、かなり複雑化してしまうので、

それについては、また別の機会に譲りたいと思います。

 

 

兎に角、

 

 

21年現在、日本国は『借金体質』が染み付いており、

身の丈(歳入)以上の国家運営を続けているという事。

 

 

そして、

 

 

個人レベルで、収入を超えた生活が続かないのと同様、

国家レベルも、そのような『異常事態』は続きません。

 

 

現時点ですら、

 

 

一般会計全体の3割超を占める『社会保障費』ですが、

これは、暫くの間(少なくとも数十年間)継続します。

 

 

何故なら、

 

 

皆さんご存知の通り、日本の年代別人口構成を見ると、

綺麗なピラミッド型から駆け離れた形状をしている為。

 

 

具体的には、

 

 

『頭』に相当する高齢者層の人口が増大しているので、

『社会保障』の受給サイドが、単純に増加しています。

 

 

更に、

 

 

その担い手(社会保険支払いサイド)となる若年層が、

近年、極端に減少スピードを増す事も大きな痛手です。

 

 

ここまでお話しして、

 

 

正常な思考回路を持つ読者の皆さんは理解されますが、

既存の『社会保障システム』は立ち行かなくなります。

 

 

しかも、私たちが想像するよりも遥か『近い将来』に。

 

 

その事は、

 

 

現在の状況を考えれば、完全に『自明』だと思うので、

『備えよ、常に』精神の元、準備する必要があります。

 

 

もちろん、

 

 

社会保険料(健康保険・年金)の支払いは義務ですが、

『実行すること』と『救われること』は独立事象です。

 

 

よりストレートに言えば『社会保険料』を支払っても、

将来的に、生活が保証されることなどないということ。

 

 

『社会保険料』という言葉の響きにより騙されますが、

それは、決して、私たちの生活を保証してくれません。

 

 

数年前、

 

 

クライアントと一緒に会食に行った際、店主の方から、

『年金の持続可能性』について問われた事があります。

 

 

その時も、

 

 

私自身、普段のスタンスからまったく変わることなく、

『将来的に持続可能なものではない』と断言しました。

 

 

そして、

 

 

『当然、私も年金保険料は支払っている』とした上で、

『年金受給については期待していない』と述べました。

 

 

すると、

 

 

店主の雰囲気は明らかに変化して(プロ失格ですが)、

『どうしたら良いんですか!』と詰め寄られたのです。

 

 

恐らく、

 

 

彼からすれば、日々、事業継続にも頭を悩まされる中、

お上の仰せの通り従順に『年金保険料』を納めている。

 

 

にも関わらず、

 

 

『将来的に、満足に受給できない』という事実を知り、

やり場のない、怒り(?)の感情が湧いたのでしょう。

 

 

ご存知の通り、

 

 

私自身、年金制度に影響を与える政治家でもなければ、

人口ピラミッドを正常化する『神様』でもありません。

 

 

しかし、

 

 

その時の彼には、正常に判断する思考回路などはなく、

期待を裏切る回答に、ただただ狼狽したのでしょうね。

 

 

『年金神話』を信仰して、ルールを遵守したのだから、

『信じる者は救われる』の精神で、報いてくれよ、と。

 

 

残念ながら、その理論は『現実社会』で通用しません。

 

 

恐らく、

 

 

既存の『公的年金システム』の存続が不可能なことは、

運営に携わる政治家の先生方も、当然理解しています。

 

 

かと言って、

 

 

国民の為を想い『保険料免除』になる事も絶対になく、

破綻する直前まで、保険料徴収は実行されるでしょう。

 

 

この辺り、

 

 

世界的経済学者も、彼の著書の中で述べていましたが、

国家とは、突き詰めれば単純に『徴税システム』です。

 

 

従順な国民サイドには、

 

 

かつて、私自身も出会った飲食店の店長さんと同様に、

『信じる者は救われる』と信じて止まないでしょうが。

 

 

厳しい言い方をすると、

 

 

単純に『信じる者は救われる』と信じて疑わないのは、

思考することを放棄している、完全なる『怠惰』です。

 

 

自ら思考することを放棄し、言われた通りにする事を、

『実直』と考えるならば、早急に意識改革が必要です。

 

 

『被害者意識』を持ち続けても、事態は好転しません。

 

 

読者の皆さんが、罠に陥ってしまわない事を願います。

 

 

課題を根本解決するのは『具体的行動』だけなのです。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile