必ず到来する【第5波】について、【心の準備】は出来ていますか??

今日のテーマは、『必ず到来する第波について、心の準備は出来ていますか??』です。

 

 

いよいよ、『緊急事態宣言』の解除が目前に迫りますね。

 

 

4月下旬にスタートし、約2ヶ月に及ぶ自粛期間が、

ようやく、一旦、解除される方向に向かうようです。

 

 

ただ、先行きに関して、世の中は『悲観的』ですよね。

 

 

私自身、

 

 

活動拠点とする大阪は、社会全体の自粛の甲斐あってか、

直近では、日内新規感染者数は『100名前後』で推移。

 

 

一時期、

 

 

『1200名超え』のピークを記録した時期からすれば、

その数(新規感染者数)は、明らかに減少して来ました。

 

 

しかし、

 

 

既存感染者数は、未だ『5000人前後』を推移しており、

『重症病床』の逼迫率も、完全には改善し切っていません。

 

 

更に、

 

 

首都圏・東京に目を移せば、新規感染者数の現象は鈍化し、

日内新規感染者数は、本日も『500人』を突破している。

 

 

この状況にも関わらず、

 

 

約1ヶ月後、予定通り『東京五輪』は開幕するようですから、

責任の所在は分かりませんが、『正気の沙汰』と思えません。

 

 

前述の通り、

 

 

日本政府・各自治体は、今週末で『緊急事態宣言』を解除して、

ステージ4継続地域は『マンボウ』移行が既定路線のようです。

 

 

しかし、

 

 

厚生労働省に助言を与える専門家組織チームは、現時点から、

週末の宣言解除により、『第5波』の到来を予測しています。

 

 

4大都市圏を中心に、対10万人当り感染率は高いままだと。

 

 

また、

 

 

国立感染症研究所の趣味レーションでは、今後の推移として、

7月後半から8月前半での『宣言再発令』を予見しています。

 

 

既に、

 

 

大都市圏での拡大が判明している『インド変異型』が浸透すれば、

8月前半には、全国で日内感染者数『1000人超』に到達する。

 

 

そうなれば、

 

 

必然、感染拡大地域の『緊急事態宣言』再発令は避けられず、

再び、私たち日本国民は『自粛生活』がスタートする訳です。

 

 

以前、

 

 

IOCの要人が、日本における『緊急事態宣言』の発令有無は、

『東京五輪』開催について、影響を与えないと発言しました。

 

 

その言葉の『布石』が、ここに来て、非常に効いている。

 

 

ベテラン漫才師に匹敵するレベルの『伏線回収』ですね。

 

 

もはや『敵ながら、天晴れ』としか言いようありません。

 

 

様々な利権も絡み、

 

 

今夏の五輪は『有観客開催』が既定路線になるようですが、

イベント観客上限『1万人』緩和措置も、同時決定の模様。

 

 

*勿論、緊急事態宣言・マンボウ該当地域については、

 これまで通り『上限5000人』の適用が継続です。

 

 

更に、

 

 

『第5波』到来が決定的となる報道も、新たに入ります。

 

 

以前、

 

 

満洲国・溥儀(フギ)級に『操り人形』と化した菅首相が、

海外入国者に対する隔離措置『6日間』を宣言しましたね。

 

 

いや、

 

 

『私たち、潜伏期間2週間と聞いてるんですが(苦笑)』と、

日本国民から総ツッコミが入ったことも、記憶に新しいです。

 

 

もしかしたら、生粋の『ボケ担当』なのかも知れませんね。

 

 

私自身、

 

 

何度考えても、この『6日間』の意味が理解できておらず、

『対策している感』を出す目的と先入観に囚われています。

 

 

もしも、『6日間』という数字の整合性を導き出せた方は、

ぜひ、『物分かり』の良くない私に、優しく教えて下さい。

 

 

しかし、

 

 

形式上導き出された、この『6日間』という数字すらも、

海外諸国からすれば、守られない可能性あると言います。

 

 

BBC報道によれば、

 

 

今月末、日本に入国予定の『英国選手団』の大半の選手が、

隔離措置に対して『適用除外』されると楽観的なのだとか。

 

 

原則、

 

 

各国選手団は、隔離期間は、指定ホテルから外出できず、

街中への外出は愚か、屋外での練習も禁止されています。

 

 

しかし、

 

 

英国から日本に対して、常にプレッシャーは掛かっており、

『代表選手団』の多くも、それが受け入れられると楽観視。

 

 

以前、

 

 

菅首相は、(最低レベルと言える)隔離措置に違反すれば、

大会参加資格の剥奪や、強制送還の強気姿勢を示しました。

 

 

しかし、

 

 

驚くべきことに、IOCと共同で発表したガイドラインは、

開催前の7月1日、『見直し』が予定されると言います。

 

 

、、、、、、、、愕然としますよね。

 

 

更に、

 

 

ご存知の方もいる通り『英国』が注目される最大の理由は、

『インド変異型』の感染が、国内で猛威を奮っていること。

 

 

*現在、『インド変異型』という言葉の使用は、

 世界的に『ご法度』であることも理解します。

 

 

私自身、

 

 

約10年前、インドに渡航・滞在した経験はありますが、

彼ら・彼女らの免疫系の『異次元さ』は理解しています。

 

 

現時点、

 

 

世界で猛威を奮う『インド変異株』が、国内蔓延したら、

日本人レベルの免疫では、到底、太刀打ちが出来ません。

 

 

インド人が、あれだけ『死亡』するレベルのウイルスです。

 

 

日本や英国等、衛生環境が整った国で生まれ育った私たちが、

『太刀打ち出来る!』と考える方が、烏滸がましく感じます。

 

 

5年前、

 

 

ブラジル・リオデジャネイロで開催されたオリンピックは、

『経済危機下で開催された五輪』として有名になりました。

 

 

2021年、

 

 

東京で開催されようとされている『夏季オリンピック』も、

それと異なる『汚名』で、歴史に名を残そうとしています。

 

 

残念ながら、日本国内の『第5波』襲来は決定的となりました。

 

 

それを念頭に置いて、私たちも『心の準備』をしておきましょう。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降についても、

【リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)】を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】については、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望頂いた方への【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より【濃い情報】をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■6/25(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■6/28(月)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

2 件のコメント

  • MKsOrb.Com

    […]just beneath, are various entirely not related internet sites to ours, even so, they may be surely worth going over[…]

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井上 耕太

    ・1984年4月21日生まれ。
     岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

    •『人生を変えるお金のセッション』★
     海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

    •資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
       1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

    •趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

    •専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
    20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

    •使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

    ■詳細なプロフィールはこちら■
    http://michiamokota0421.com/profile