現実世界では、【ドリーム・ジャンプ】に挑戦してはいけない。

今日のテーマは、『現実世界では、【ドリーム・ジャンプ】に挑戦してはいけない』です。

 

 

先日の公式ブログでは、藤原竜也さん主演の大人気映画、

『カイジ完結編:ファイナルゲーム』を取り上げました。

 

 

ご覧になられた方も、いらっしゃいますよね。

 

 

『お金』が絡むテーマの番組が放映されていると、

職業柄、どうも気になって手を止めてしまいます。

 

 

話のあらすじは、先日の記事のとおりです。

 

 

舞台は、現実同様に『財政危機』に陥っている日本国で、

その累積債務を帳消しにしようと、政治家が画策します。

 

 

————————————————-

①消費税率を『30%』にアップさせる。

 

②社会保障(特に、年金)の現行『40%』カット。

 

③『生活保護制度』の廃止。

————————————————-

 

 

実際に実行すれば、国民からの反発必至の施策ですが、

窮地から脱却する為には、このくらいの強硬策は必要。

 

 

しかし、

 

 

上記3項目は、『単年度収支』の改善には寄与しても、

絶望的な『累積債務』解消には、大きく貢献しません。

 

 

そこで、

 

 

日本政府要人達が画策したのが『預金封鎖』という禁じ手で、

『国民資産』を没収することで、その解消を測ろうとします。

 

 

更に、

 

 

その前段階には『貨幣交換スキーム』も仕込んであるので、

交換レート変更による『資産課税』まで遂行する徹底ぶり。

 

 

確かに、

 

 

現実世界でも、ここまで強行することが出来れば、

日本国の『累積債務』解消にも可能性が見えます。

 

 

ただ、

 

 

この『強行策』をなんとか阻止する為、カイジ達は奮闘し、

映画中の日本国では、上記、諸々のステップを回避します。

(*反対に、財政破綻は不可避のようにも映りますが。)

 

 

その過程、

 

 

カイジらは『最後の審判』なる資金獲得ゲームに臨み、

劣勢を覆す為、『ドリーム・ジャンプ』に挑戦します。

 

 

ここでも、ネタバレするので、詳細には書きません。

 

 

ただ、

 

 

簡単に説明すると、あるゲームに挑戦して勝利した場合に、

自らの掛金が『10倍』となって返って来るというルール。

 

 

仮に、

 

 

勝利できなかった場合は、もちろん『リスク』を孕みますが、

その対価は、挑戦者自身の『生命』という過激的なものです。

 

 

映画中の話であっても、『倫理的』にネットが荒れそうですね。

 

 

そして、

 

 

お察しの通り、カイジは『ドリーム・ジャンプ』に挑戦し、

見事成功することで、その手に『勝利』を手繰り寄せます。

 

 

具体的には、

 

 

カイジが『10億円』をベットして、ジャンプに挑戦して得た、

『100億円』が呼び水となり、観衆から資金を集めるのです。

 

 

まさに、『一攫千金』であり『一発逆転』。

 

 

『カイジ』という映画が描くことの、真骨頂とも言えます。

 

 

しかし、

 

 

当たり前の話ですが、現実世界において、私たちは、

『ドリーム・ジャンプ』など絶対にしてはいけない。

 

 

いや、『生命』まで賭けて、ギャンブルする人間はいないでしょう(笑)

 

 

ただ、

 

 

私が言いたいのはそこではなくて、『生命』を賭けなくとも、

保有資産をフルベットする愚行を犯してはいけないという事。

 

 

ギャンブラー体質の方々は、これは、意外に出来ないです。

 

 

例えば、

 

 

『新型ウイルス』の収束に伴い、経済循環回復の期待からか、

本日の日経平均株価は『3万円』突破して取引を終えました。

 

 

実に、『30年』以上ぶりとなる高値圏の回復です。

 

 

しかし、

 

 

『経済回復』に関しては、今後も『希望的観測』が優位に支配し、

米国市場、日本市場とも、更なる『上昇』が予想されていますね。

 

 

一時期、

 

 

『村上ファンド』の呼び名で一世を風靡した村上世彰さんは、

『日経平均株価:4万円時代』到来を予想しているほどです。

 

 

株価は堅調に推移しているが、経済循環は『完全回復』から程遠い。

 

 

もしも、ワクチンが『新型ウイルス』問題を解決するならば、

日本は勿論、世界の株価上昇はこんなもんじゃないだろうと。

 

 

私自身も、本当に、その通りだと感じています。

 

 

しかし、

 

 

このような、10年に1度と言える『仕込み時期』においても、

村上世彰さんは『資産フルベット』を決して推奨していません。

 

 

むしろ、

 

 

この局面でも、余剰資金の『20%〜30%』というように、

マイルールを設定して投資を行うよう、奨励しているのです。

 

 

皆さん、この『我慢』が出来るでしょうか??(笑)

 

 

実際、

 

 

今、株式市場に資金を『仕込む』ことが出来たとしたら、

10年スパンで見た時、必ず、値上がりが期待できます。

 

 

本来、

 

 

資産形成(投資)の世界に『絶対』は存在しないはずですが、

今、私たちがいる市場こそ、数少ない『絶対』だと考えます。

 

 

それでも、

 

 

完全なる『勝ちゲーム』だと表現できる市場においても、

繰り返しますが、『資産フルベット』はしてはいけない。

 

 

何故なら、

 

 

『一発逆転で勝ってやろう!』という思考回路こそ、

『ギャンブラー体質』をより増強していくからです。

 

 

先ず、

 

 

『経済的自由』を達成するような人の思考回路として、

『勝とう!』と意気込んで、市場に入る人はいません。

 

 

いつの時代も、

 

 

勝者の戦略は、常に『負けない戦略』を第一義としており、

それが故、『お金持ち』は資産を保有し続けられるのです。

 

 

当然、『ドリーム・ジャンプ』に挑戦する人間など、いません。

 

 

また、

 

 

仮に、期待値が『1』を上回るゲームに挑戦する時ですら、

『負けても良い金額』をベットして、勝負に臨んでいます。

 

 

この感覚を真に理解するには、意外に『人間力』を要します。

 

 

皆さんが、現実世界で『ドリーム・ジャンプ』されない事を願います。

 

 

定期開催する『資産形成セミナー』は、2021年以降についても、

『リアル(大阪)/ オンライン(Zoom)』を並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

『オンライン開催』については、『リアル開催』の場合と異なり、

ご希望頂いた方への『1対1:個別受講』も対応させて頂きます。

(*この時期限定のご対応です。)

 

 

その場合、

 

 

通常開催(集合セミナー形式)より『濃い』情報をご提供出来ますので、

受講希望される方は、この機会を、ぜひ有効活用して頂けたら幸いです。

(*予告なく終了する場合もありますので、ご了承下さい。)

 

 

——————————————————————–

■2/24(水)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

*『緊急事態宣言』延長の際は、オンライン切換の可能性があります。

 

■2/25(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@Zoom■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile