果たして、人生の凡ゆる場面で【ポジティブ・シンキング】は有効か??

今日のテーマは、『果たして、人生の凡ゆる場面でポジティブ・シンキングは有効か??』です。

 

 

以前にも、同様のテーマで書いたことを記憶します。

 

 

それでも、大切なポイントなので定期的に書きます。

 

 

世間一般として、

 

 

『ポジティブ・シンキング』という言葉は無条件に、

肯定的・友好的に捉えられる傾向が強いと思います。

 

 

確かに、

 

 

『ポジティブ(前向き)』な言葉を投げ掛けられて、

嫌(ネガティブ)な気持ちになる人間は、いません。

 

 

巷には、

 

 

意識高い系の方々を対象とした自己啓発セミナーが、

溢れ返り、集団内では前向きな言葉が飛び交います。

 

 

恐らく、

 

 

その空間は、ある種の『幻想状態』が作られていて、

参加者を脳波測定すれば、快楽な状態と想像します。

 

 

しかし、

 

 

果たして、それが本当の意味で『幸福か』と言えば、

決してそうは思わず、長期的視点では不幸なことも。

 

 

実際、

 

 

根拠ない『ポジティブな言葉』は麻薬性を持つため、

現実を直視しない、『夢遊病者』を量産しています。

 

 

この辺り、非合法のドラッグを服用している方々が、

打っている最中のみ快楽に溺れている原理に等しい。

 

 

彼ら・彼女らも、きっと『快楽』は感じていますが、

それが『イケナイコト』であるのは公然の事実です。

 

 

例えば、

 

 

あなたが医者という立場だと仮定して、受診患者に、

断酒しないと、生命の危険がある人が来たとします。

 

 

ここで、

 

 

持ち前の『ポジティブ・シンキング』を発動させて、

甘い言葉をかければ、嫌われることなどありません。

 

 

むしろ、

 

 

相手(瀕死の受診患者)は好意を持つ可能性も高く、

あなたも、嫌味を言われないのでWin-Win成立です。

 

 

しかし、

 

 

ご理解の通り、その後、患者は命を落とす事になり、

それを、真の意味で『優しさ』というのか疑問です。

 

 

私自身、そうした『うわべ』だけの関係は嫌ですね。

 

 

経済的な観点でも、健康という観点でも同じことで、

現実を直視させる、厳しい言葉も時に必要なのです。

 

 

このように、

 

 

『資産形成』の実行に際して、過剰な楽観的思考は、

『リスク』が正しく認識できなくなり、危険大です。

 

 

これが、

 

 

新規クライアントさんの初回面談なら良いのですが、

その後、意識改革ないまま進まれるケースは絶望的。

 

 

面談受講後、

 

 

益々、純利益を積み上げる人(世帯)がある一方で、

ほぼ変化せず、浪費体質が抜け切らない方々もいる。

 

 

先日も述べましたが、最終的には『本人次第』です。

 

 

少し専門的になりますが、

 

 

個人であれ企業・国家であれ、財政状況の健全性は、

キャッシュフローとバランスシートで測定可能です。

 

 

先ずは、

 

 

月々(年間でも良いですが)の収入額から、着実に、

現金(利益)を残すことが出来ているかが第一段階。

 

 

そして、

 

 

残すことが出来たものが『資産』として積み上がり、

負債を除したのち『純資産』として増大しているか。

 

 

残念ながら、

 

 

大多数の会社員は『債務超過』の状態に陥っており、

その主因は、マイホーム購入が大半を占めています。

 

 

何故なら、

 

 

『持ち家プレミアム』の分、購入直後に値下がりし、

当然ながら、金融機関融資の残債はフルで残るから。

 

 

よもや、

 

 

『5000万円』クラスの資産を記載できる方々が、

貯金ゼロのフリーターに負けているとは考えません。

 

 

しかし、

 

 

現実は時として残酷で、真っ当な財政状況評価では、

前者(会社員)は後者(フリーター)に完敗します。

 

 

にも関わらず、

 

 

株式投資・不動産投資を、少し齧っただけの人間が、

『自分は、大丈夫』と酩酊状態で安心し切っている。

 

 

最終的には、自ら覚醒しなければ、解決不可能です。

 

 

先日、

 

 

60代以降を対象とした『年金』に関連した調査は、

回答した大多数の『年金依存』を浮彫りにしました。

 

 

皆さん『自分は、大丈夫』と安心しているんですね。

 

 

驚愕なのは、

 

 

退職時点(60歳以降)の資産500万円未満でも、

約4割が『老後資産に不安なし』と回答している事。

 

 

ここまで来ると、

 

 

『リスク』を感知する能力如何の話どころではなく、

完全に『おめでたい』としか形容しようありません。

 

 

常々お伝えする通り、

 

 

現実的には、あなたが退職する時点(60歳以降)、

現在価値として『5000万円』は最低限必要です。

 

 

基準を達成して、初めて『普通の生活』が送れます。

 

 

あなたは『ポジティブ』の罠に嵌ってませんか??

 

 

しっかり『現実』を直視出来ているでしょうか??

 

 

ネバーランドの住人は『大きなリスク』が伴います。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile