【最低賃金:時給1600円】を実現したら、経済的課題は解決するか??

今日のテーマは、『最低賃金:時給1600円を実現したら、経済的課題は解決するか??』です。

 

 

先日、関心を引く調査結果が大阪労連から公表されました。

 

 

それが、タイトルにある『時給1600円』に繋がります。

 

 

1つずつ説明を進めると、

 

 

2022年現在、『大阪市内』で若者が単身生活する場合、

男女とも『月額24万円超』のコストが掛かる事になると。

 

 

これは、

 

 

2021年、該当地域在住(若しくは通勤)10〜30代、

約9500人から任意で回答されたデータをまとめたもの。

 

 

大阪労連(全大阪労働組合総連合)が、先日公表しました。

 

 

その中で、

 

 

25歳・独身・一人暮らしをモデル・ケースとして扱う時、

平均生活コストは、男性:24.5万円、女性:24.2万円。

 

 

単純計算、

 

 

男女共、手取りの収入として『年間300万円』が必要で、

必然、額面支給額は『年間400万円』程と弾き出される。

 

 

前述の通り、

 

 

モデル・ケースの年齢は、『25歳』とされていますから、

上記基準(年収400万円)達成者は社会的に少数派です。

 

 

正直、『厳しい』と感じている人も多くいると想像します。

 

 

因みに、

 

 

『時給1600万円』の数字の出処は、上記収入を得る為、

1日7.5時間、月20日間労働をしたと仮定した時のもの。

 

 

この辺り、一見、『緩めな労働条件』にも見えるのですが、

年間の長期休暇等を考慮すると、現実的な数字なようです。

 

 

私自身、

 

 

この調査結果に対するファースト・コンタクトでの印象は、

『本当に、月額24万円も必要か??』という素朴な疑問。

 

 

実際、

 

 

独立・開業の際、私も生活コストを意識的に抑えましたが、

『月額20万円』程で余裕を持って都心生活が出来ました。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

・住宅関連費:6万円

 

・食費・日用品:2万円

 

・光熱費:1万円

 

・通信費:1万円

 

・交際費:8万円

*事業主である為、一般的な方々より比率は高まります。

 

・健康保険料:2万円

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

『月額20万円』のざっくりした内訳は、上記の通りです。

 

 

確かに、

 

 

国民年金(年間:約20万円)、府民税・市民税に加えて、

確定申告をした際の所得税等は、前述のほかに掛かります。

 

 

ただし、

 

 

それらも、事業をした上での『利益』に対して掛かるので、

無駄使いさえしなければ、決して『支払不能』にならない。

 

 

加えて、

 

 

もう10年以上前から、上記の生活コストを超える金額を、

毎月、資産形成(投資)にまわすことを習慣化しています。

 

 

世の中、

 

 

ぶっ飛び話で『FIRE』を実現している(?)人もいますが、

私自身、それと『対極』にある地道なコツコツ路線を進む。

 

 

結果、

 

 

暗号資産(仮想通貨)に飛び付く人種からは支持をされず、

堅実・賢明で、実直なクライアントさんに囲まれています。

 

 

話を戻すと、

 

 

前述調査の平均値(月額24万円超)に疑問を感じるのは、

大阪労連が定める所、『普通の生活』に対しての定義です。

 

 

調査では、

 

 

回答者の内『7割以上』がしている、所有する行為・物を、

『普通の生活』と定義し、積上げ方式で必要コストを試算。

 

 

古今東西、

 

 

凡ゆる分野、正しい選択をしているのは『少数派』ですが、

易きに流れる7割超を『普通』とする意味が分かりません。

 

 

もちろん、

 

 

前述した計算式中に『資産形成』の原資は含まれておらず、

これを『普通』とするなら、全国民が『綱渡り生活』です。

 

 

言葉は難しいですが、

 

 

『何を身の丈以上の、贅沢な生活しとんねん!』が本音で、

資産形成する為、必ず『引締め』のタイミングは訪れます。

 

 

大阪労連は、

 

 

調査結果を大上段に、『賃上げ』の必要性を訴求しますが、

その『善意』が、自ら首を締めていることを理解しません。

 

 

何故なら、

 

 

『最低賃金:1600円』達成に尽力するのは自由ですが、

もしも実現したら、経営者サイドは『雇用』を減らすまで。

 

 

『地獄の道は、善意で敷き詰められる』の格言は真理です。

 

 

私自身、

 

 

観念として持つものですが、『被害者意識』が起点となり、

展開される理論は、人間として、本質的に間違っています。

 

 

何故なら、

 

 

『神は、自ら助るものを助く』の言葉が示しているとおり、

自ら責任を負い、行動する人の前に道は拓けるものだから。

 

 

『時給1600円』を達成しても、課題など解決しません。

 

 

自ら出来ることにフォーカスして、建設的に生きましょう。

 

 

オープン開催(どなたでも参加可)資産形成セミナーは、

現時点、2022年以降の開催スケジュールが未定です。

 

 

——————————————————————–

*個人面談ご希望の方は、直接お問合せ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所:michiamokota0421@gmail.com

——————————————————————–

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile