『対岸の火事』ではなく、私たちの国『日本』も。

今日のテーマは、『対岸の火事ではなく、私たちの国日本も』です。

 

 

昨日の公式ブログでは、『幻の石油』と称される、

『ベネズエラ』に眠り、(現実的に)採掘不能な『原油』の話題を取り上げました。

 

 

皆さんご存知の通り、

 

 

『ベネズエラ』という国は、現在『経済危機』に瀕しており、

国内では猛烈なインフレが起こり、物資も不足して、国民は生活に窮しています。

 

 

先日は、

 

 

政府が一方的に『10万分の1』規模のデノミネーションを行い、

自国民のみならず、国際社会からも批判が続出する事態となりました。

 

 

勿論、積み上げた『対外債務』など返済できるはずがありません。

 

 

『一縷の望み』とされた仮想通貨『ペトロ』も、

裏付けとなる『原油』が採掘不能とあっては、現実的にその価値を評価できない。

 

 

一瞬だけ現れた『救世主』は、儚くも直ぐに『メッキ』が剥がれてしまいました。

 

 

国外脱出できる国民は、一昨年から海外退去が進み、

その累計数は、国民総人口比『10%』を超える値だと言います。

 

 

日本に置き換えて見たらその威力がわかりますが、

『約1200万人』が出て行く事を考えたら、相当な事態だと実感出来ますよね。

 

 

それでも、

 

 

どちらが『賢者』に属するかと言えば『国外脱出した人』で、

来るべき『有事』に備えて、準備を整えていた人間が対応出来、

『何もして来なかった人間』は国内に取り残されました。

 

 

その後、彼らを待っていた惨状は、前述の通りです。

 

 

ここまで読み進めて頂いて、

公式ブログ読者の皆さんは、何を感じられるでしょうか??

 

 

『ベネズエラの国民は、なんか大変そうやなぁ。』

 

 

『日本から遠い異国の地では、凄い事が起こってるな。』

 

 

『そんな事、本当に現実世界で起こり得るねんなぁ。』

 

 

『発展途上国では、経済も政治も安定してないんやなぁ。』

 

 

このように感じられている方が、多いのではないでしょうか??

 

 

もし、

 

 

公式ブログ読者の皆さんはじめ、日本国民の多くがこの考えなら、

それは間違いで、その『他人事』感覚は一刻も早く捨て去ったほうが良いと考えます。

 

 

私個人の考えでは、

 

 

これは決して、日本においても『他人事』ではないと考えるからです。

 

 

その『例』を示しますね。

 

 

昨日(9月7日)財務省が発表したところによると

各省庁が提出した平成31年度の『一般会計予算』の概算要求額は、

過去最大規模『102兆7658億円』になった事がわかりました。

 

 

驚くことに、

 

 

『一般会計』が『予算案』の時点で『100兆円』を超えるのは5年連続で、

今年度(平成30年度)当初予算比で、『約5.2%』も増加したことになります。

 

 

『予算案』が『100兆円』を超えるのも、

最近では『当たり前』のような感覚になってきたので、『慣れ』は怖いですね。

 

 

財務省は、年末に向けて行う『査定』により、この圧縮を目指しますが、

来年10月に予定される『消費税増税』に伴う『景気対策』もあるので、

総合して、全体の予算が削減される可能性は低くなっています。

 

 

予算案の増大については、

 

 

過去最大を更新している『国防費:5兆2986億円』などがピックアップされますが、

現実問題として、日本が構造的課題として直面する『社会保障費』がその最大要因です。

 

 

事実、

 

 

全体の『30%強(約32兆円)』を計上するこの歳出は、

年間『約8000億円』ペースで増大をし続けています。

(*驚くべき事に、毎年この金額が増大し続けています!!)

 

 

そして、

 

 

皆さんも重々ご存知のように、この『社会保障費』の増加は、

今後、スピードを速める事はあっても、減速する事は起こり得ないのです。

 

 

そんな中で、

 

 

皆さんは、日本の国家の『歳入(額)』をご存知でしょうか??

 

 

国民からの『税収』が主になりますが、

要は、『日本国』が国家を運営していく上で、毎年得ている『収入』の事です。

 

 

もし、

 

 

この金額が毎年『120兆円』程度あるのであれば、

『歳出超過』になっていないですし、『余剰金』もプールで来て、国家財政も潤います。

 

 

しかし、

 

 

残念ながら、現実的にはこの通りにいっていなくて、

日本国の『歳出』は、年間『60兆円』そこそこを推移しています。

 

 

そう、毎年毎年、『赤字』を垂れ流しながら運営しているのです。

 

 

『日本』は基礎体力のある国なので、何とか持ち堪えているのですが、

特別国債という『禁断の果実』に手をつけてから逃れられなくなり、

それまでの『余剰金』プールをどんどん食い減らして行きました。

 

 

それは、加速度を増して、今尚、進行し続けています。

 

 

そんな状態がいつまでも継続していく訳がなく、

その『余剰金プール』の底が見えて来た時、『Xデー』は一気に訪れます。

 

 

『沈黙の臓器』と呼ばれる『肝臓(胆・膵含む)』における疾患で、

症状が表に現れた時、既に『手遅れ』になっている状況と全く同じです。

 

 

話を冒頭に戻すと、

 

 

『ベネズエラ』の国民でも、その『(顕在化しない)変化』に気付き、

『準備』を進めた人間が、国外退出して『難』を逃れる事が出来ました。

 

 

要は、

 

 

『国家のリスク』と『自身のリスク』を切り離したと言えます。

 

 

『日本』に限らず、

 

 

世界中の多くの人は、『国家』に社会保障等で依存し過ぎる余り、

『国家リスク』と『国民リスク』を一致させてしまっています。

 

 

数十年前を思い返せば、

 

 

『高度経済成長』『バブル形成期』の頃は、『国家』の調子が良かったので、

必然的に、その『大船』に乗り合わせてさえいれば『国民』も安泰だった。

 

 

しかし、

 

 

『寄らば大樹の陰』的なこの人生戦略では、

『国家』の調子が悪くなると、『自身』も一緒になって沈んでしまう事になります。

 

 

今日の記事で、お伝えしたい事。

 

 

『ベネズエラ』で起こっている事態は、決して『対岸の火事』ではありません。

 

 

近い将来、必ず、私たち『日本』の国民にとっても起こりえる事態です。

(*人口動態の『構造』的に考えて、その回避方法は考えられません。)

 

 

国民一人一人が、自ら『資産形成』を考えていく時代。

 

 

そして、

 

 

『国家リスク』と『国民リスク』を切り離す時代。

 

 

そんな時代が、もう既にスタートしていると、私は考えています。

 

 

『金融リテラシーを高めて、資産形成していきたい!』という方に最適なセミナーを、

来月は神戸・三ノ宮9月19日(水)、大阪・梅田9月26日(水)に開催致します。

 

 

■2018年9月19日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2018年9月26日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

今年(2018年)1月からスタートして有効な新制度、

『つみたてNISA』をわかりやすく解説するセミナーです。

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

Profileプロフィール

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile