【老後資産2000万円】問題は、果たして解決するか??

今日のテーマは、『老後資産2000万円問題は、果たして解決するか??』です。

 

 

昨日、扱ったテーマの『続編』と言えるでしょうか。

 

 

『老後資産2000万円』問題について記述します。

 

 

お伝えした通り、

 

 

日本政府統計のお家芸、巧みな(?)すり替えから、

『老後資産2000万円』問題が突如消滅しました。

 

 

しかし、

 

 

実際には、全く以って『消滅』などはしていません。

 

 

何故なら、

 

 

『数字のトリック』であり、前提条件の変更により、

机上の計算式として、数字を消したに過ぎないから。

 

 

具体的には、

 

 

『老後資産2000万円』問題が話題になった際の、

モデルケースは年金収入のシングル・インカム世帯。

 

 

それを、

 

 

前提条件を『年金受給者2名』に変更した事により、

『ダブル・インカム』にすり替えただけなのでした。

 

 

日本政府も認める通り、支出は簡単に変わりません。

 

 

一見、簡単な『算数問題』のように思えるのですが、

一度染み付いた『支出体質』は、改善しないのです。

 

 

実際、

 

 

税務省公表『家計調査』は、支出平均を示しますが、

年単位、大きな変動は殆ど見られなくなっています。

 

 

元々、

 

 

『老後資金2000万円』問題の発端をひも解くと、

月々存在する『約5.5万円』の年金ギャップでした。

 

 

それを、

 

 

モデル・ケースを基準変更して収入アップさせたので、

基準値を揃えれば、何1つ変化していない事が分かる。

 

 

更に言えば、

 

 

現実的には、『2000万円』は全く足らない金額で、

諸々の変数を順当に考慮すると『5000万円』必要。

 

 

仮に、

 

 

この金額(5000万円)を達成したとして、私達は、

親世代が送っている『普通の老後生活』が送られます。

 

 

決して『華美過大・悠々自適』ではない所がミソです。

 

 

この基準を達成して、初めて『普通』とご認識下さい。

 

 

それで、

 

 

一昨年、日本政府が公認した『2000万円問題』は、

果たして、どこかで解決する時があるでしょうか??

 

 

結論から言うと、私たちの生きている間は無理です。

 

 

勿論、

 

 

未来永劫、解決しない課題など存在していませんが、

その転換期は、残念ながら、暫くはやって来ません。

 

 

何故なら、

 

 

課題解決に最も大きく影響を与える『人口問題』が、

21世紀、各国共通の課題として存在するからです。

 

 

先日、

 

 

中国政府が公表した、2020年の国内人口ですが、

『14.1億人』と、前年比2000万人減少でした。

 

 

しかし、

 

 

この公表値には、専門家から疑問の声が上がっており、

実際は『13億人』を切るのではないかと見られます。

 

 

約20年前、

 

 

私が学生だった頃、同国人口は『12億人』と言われ、

むしろ、『過少申告』の疑惑が掛けられていましたね。

 

 

それが、

 

 

直近20年間、急速な『少子高齢化』が進んだことで、

正反対となる、『過大申告』疑惑が掛けられています。

 

 

実は、

 

 

中国に限らず、各国は『人口統計』を重要視しており、

それはそのまま『国力』に相関していると見られます。

 

 

要は、

 

 

『人口規模』が大きい程、GDP(国内総生産)も増し、

そのまま、国家間の『覇権争い』に活用されるのです。

 

 

また、

 

 

『緩やかな人口増加』を長期的にキープしていく事で、

『人口ピラミッド』も理想的な形を保つことが出来る。

 

 

それは、

 

 

冒頭から展開している『年金問題』にも大きく関与し、

理想的なピラミッドを保つ事で、制度は維持可能です。

 

 

しかし、

 

 

『日本』に限定した話ではなく、世界の先進諸国は皆、

人口減少・少子高齢化の『転換期』を過ごしています。

 

 

そして、

 

 

それは、短期的に解決が見込めるものでも何でもなく、

21世紀中、長期的に影響が及ぶと予想されるのです。

 

 

いつの時代も、『転換期』に生きる者には痛みが伴う。

 

 

それが、

 

 

現代では『老後資産2000万円』という問題であり、

私たちは、その呪縛から解き放たれる事はありません。

 

 

唯一、

 

 

その課題を解決する方法とは、『他力本願』ではなく、

自助努力で『資産形成』を実行して、成功する事です。

 

 

これから、

 

 

『準備』を着実に進める人たちと、それ以外の人達と、

かつてないほど、明確な『格差社会』がやって来ます。

 

 

十分にご理解頂き、『行動』を選択してみてください。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■8/27(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile