人間は【楽観的なこと】で、本当に救われるのか??

今日のテーマは、『人間は楽観的なことで、本当に救われるのか??』です。

 

 

巷に溢れる『成功哲学』では、次のように言われます。

 

 

成功者に共通するポイントは、『楽観的』であること。

 

 

確かに、

 

 

自ら思い描く願望、目標へと向かうプロセスにおいて、

想定外といえることや、挫折する経験はあるでしょう。

 

 

そんな時、

 

 

もう一度、自らを奮い立たせて、行動を起こす為には、

『楽観的であること』も、1つの要素として重要です。

 

 

例えば、

 

 

あまりに、状況を悲観し過ぎても活力は奪われますし、

それにより行動が出来なければ、元も子もありません。

 

 

しかし、

 

 

反対に、楽観的過ぎて『リスク』が感知出来なくても、

先ほどと同様、『行動』を起こせない状態に陥ります。

 

 

理想的なのは、

 

 

信念部分は『楽観的』ながら、『悲観さ』も併せ持ち、

リスクを感知し、建設的に行動を起こしていける人間。

 

 

誰しも、

 

 

人生において、一度も、窮地を経験しない人はおらず、

その場に立った時、冷静に、行動が出来るかが鍵です。

 

 

そもそも『楽観的』過ぎたら、リスク感知出来ません。

 

 

それは、普段からFP業務を通じても、実感しています。

 

 

二次大戦敗戦以降、

 

 

日本は、歴史上かつてないほど栄華を極める事になり、

その恩恵を受けて国民生活も豊かなものになりました。

 

 

一昔前までは、

 

 

日本国民は『資産形成』などという事を考えなくとも、

雇用・昇給制度、退職金、年金制度等に守られていた。

 

 

親か、祖父母世代は、今も悠々自適に生活しています。

 

 

かと言って、

 

 

彼ら彼女らが、現役時代に財テクに走ったかと言えば、

決して、そのような記憶がないというのも本音ですね。

 

 

語弊を恐れず言えば、何も考えなくて良かったんです。

 

 

親や、祖父母の世代は、企業に所属して忠実に働けば、

後は、社会全体のセーフティ・ネットに守られていた。

 

 

つまり、

 

 

本人たちが、経済的観点で、優秀か否かには関わらず、

余程の事がない限り、経済的問題は解決していました。

 

 

そして、

 

 

現代は、一昔前の『常識』が通用しなくなっています。

 

 

つまり、

 

 

親世代や祖父母世代とは異なり、私たち世代において、

自助努力での『資産形成』は、必須科目だということ。

 

 

何故なら、

 

 

かつて日本国民を守ってくれたセーフティ・ネットは、

私たち世代では、全く機能しなくなっているからです。

 

 

果たして、皆さん、そのことに気付いていますか??

 

 

例えば、

 

 

かつては老後生活の根幹を成していた『年金』ですが、

その受給額(支給額)は、年々減少の一途を辿ります。

 

 

ちょうど2年前、

 

 

『老後資金2000万円』が、問題提起されましたが、

現時点での水準でも、公的年金は『足りない』のです。

 

 

私自身、

 

 

現行制度維持されたと仮定した時、年金受給するのは、

約30年後ですが、現行水準の支給など期待しません。

 

 

まして、

 

 

現在20代の方々が、自身が受給対象となる40年後、

親、祖父母世代と同水準の年金を想定してませんよね。

 

 

そうであれば、

 

 

現時点、存在する年金ギャップ『2000万円』より、

多額の『退職資金』を用意しなければならない訳です。

 

 

果たして、皆さん、具体的準備を進めていますか??

 

 

他にも、考慮しておかなければいけない事があります。

 

 

人生全体で、もう1つ大きなインカム『退職金』です。

 

 

そもそも、

 

 

自身が退職する際、所属企業から支払われる退職金を、

具体的に、理解していない方が大多数を占めています。

 

 

50代後半になっても、大半が金額を知らないのです。

 

 

正直言って、この状況には、唖然としてしまいますね。

 

 

如何に、

 

 

『お金』に執着しないことが美徳とされる日本教でも、

この状況は、美徳で表現できる閾値を超えて愚かです。

 

 

自らのことについて、自らが、そこまで無頓着でいて、

他人が興味・関心を持ってくれることなどありません。

 

 

もしかしたら、

 

 

『お金に執着しないこと=美徳』という言い訳を盾に、

最後の最後まで、他者依存の精神が根付いているのか。

 

 

ここまで来ると、もはや、救いようがありませんよね。

 

 

話を戻すと、

 

 

親、祖父母世代の老後生活を支えた『退職金制度』も、

私たちの世代では、機能低下が著しい状況に陥ります。

 

 

実際、

 

 

厚生労働省から、定期公表される『退職金平均額』は、

1997年にピークを打ち、以降四半世紀減少の一途。

 

 

当時、

 

 

『2800万円』を超えていた日本人の平均退職金は、

20年程で『1800万円』を切る金額に減少します。

 

 

実に、『1000万円』超もの金額が吹き飛びました。

 

 

当然、将来的に、事態が好転することは考え難いので、

この金額(退職金)は、今後も減少し続けるでしょう。

 

 

そもそも、

 

 

以前は『当たり前』だった退職金制度は、現代社会で、

決して『当たり前』に在るものではなくなりつつある。

 

 

2021年現在、

 

 

日本全国で『退職金制度』を保有しない企業・組織は、

全体の『20〜25%』に達していると試算されます。

 

 

かつての『3000万円』が、現代は『無い』のです。

 

 

この状況で、『資産形成』をしない選択をすることは、

人生自体を『試合放棄』していると思いませんか??

 

 

2021年以降、

 

 

経済的観点でも『楽観的過ぎること』は、リスクです。

 

 

地に足つけて、

 

 

現在と、将来の状況を、冷静に見定めてリスク感知し、

『具体的アクション』を起こしていくことが大切です。

 

 

あなたは、『楽観性』の罠にハマっていませんか??

 

 

何も考えないこと、現実から目を背けつづけることを、

『楽観的』と表現するのは、間違っていると感じます。

 

 

一度立ち止まり、人生に真剣に向き合ってみて下さい。

 

 

定期開催する【資産形成セミナー】は、2021年以降、

【リアル(大阪)/ オンライン】と並行して開催します。

 

 

——————————————————————–

■10/22(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

——————————————————————–

 

 

また、

 

 

【オンライン開催】は、【リアル開催】の場合と異なり、

ご希望者に【1対1:個別受講】も対応させて頂きます。

*この時期(コロナ禍)限定、臨時的なご対応です。

 

 

その場合、

 

 

通常開催よりも、【濃い情報】が提供可能ですので、

この機会を、ぜひ、有効活用して頂けたら幸いです。

*予告なく終了する場合もあります。ご了承下さい。

 

 

——————————————————————–

■10/22(金)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

■10/28(木)将来のお金の不安が2時間で消えるセミナー@オンライン■

****セミナーご案内ページはこちら*****

 

——————————————————————–

 

 

*上記ご案内ページにアップする日程以外をご希望の方は、

 下記アドレスまで、直接お問い合わせ頂けたら幸いです。

*井上耕太事務所公式:michiamokota0421@gmail.com

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile