日本の『発展途上国化』、気付いていますか??

今日のテーマは、『日本の発展途上国化、気付いていますか??』です。

 

 

タイトルの質問ですが、いかがでしょうか??

 

 

皆さんは、『日本』という国が、

『発展途上国化』している現状を、きちんと理解されていますか??

 

 

『良い』『悪い』の話では決してありません。

 

 

『栄枯盛衰』

 

 

個人も、国も、あらゆる規模の組織においても、

古今東西、『栄える者は必ず滅びる』ものであり、例外は存在しないという事です。

 

 

『私たちの祖父母・親世代』

 

 

第二次世界大戦の完全敗戦から、朝鮮戦争特需に沸き、

『高度経済成長』のちには『バブル期』まで、この国は繁栄を享受しました。

 

 

しかし、

 

 

その『勢い』が未来永劫継続するはずがなく、

短期間にスターダムを駆け上った後、その『歪み』を埋めるが如く急速に失速しています。

 

 

この辺り、

 

 

『政府』の息が掛かっているマス・メディアは真実を述べず、

それどころか、日本国の『繁栄』が続いているかのような報道を続けます。

 

 

ただ、

 

 

センシティブに『変化』に気付かれている方々は、

それが『嘘』とは言わないまでも、『一側面』しか表していない事を知っています。

 

 

そういった『サイン』は、あちこちに見えていますよね。

 

 

例えば、

 

 

今朝出て来た興味深い報道に、次のようなものが有ります。

 

 

『30代、40代の貯金ゼロ回答が23% 平均貯蓄額も195万円に』

 

 

瞬間的に、ネットニュースの話題ランキングも上位だったので、

もしかしたら、多くの方々が目にされているかも知れませんね。

 

 

3月6日、SMBCコンシューマーファイナンスが、

日本国内30代、40代の方々の『金銭感覚に関する調査結果』を発表した結果です。

 

 

それによると、

 

 

『現在の貯蓄額ゼロ』と回答した人が前年比6ポイント増の『23.1%』、

『平均貯蓄額』も前年比52万円減少し『195万円』まで低下しました。

 

 

いや、これ、『大学生』の話じゃないですよ。

 

 

30代、40代ともなると、社会人スタートして10年、20年経ち、

世間的には、もう十分、オジサン・オバハンと呼ばれる世代です(笑)

 

 

大学生であれば、『俺、今、貯金ゼロやねん』という発言に対しても、

『お前もうちょっとちゃんと考えろや〜』と笑い話になるかも知れない。

 

 

しかし、

 

 

30代、40代のオジサン・オバハンからの『貯金ゼロ』カミングアウトは、

それを聞いたサイドが受け止められるか心配になる程、『深刻な空気』を作ります。

 

 

そんな人間が、同年代に『23.1%』も居る、と。

 

 

更に、

 

 

『平均貯蓄額』に関しては、30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、

40代は前年比120万円減の196万円と、急激なスピードで減少しています。

 

 

いや、この金額でれば、有っても無くてもどっちでもええわ(笑)

 

 

流れから考えて、この傾向は今後も継続することが予想され、

『貯蓄ゼロ者』は増加し続け、『平均貯蓄額』は今後も減少していきます。

 

 

常々お伝えしていますが、

 

 

既存の『公的年金システム』『健康保険システム』共形骸化し、

会社員の方々の『収入』の伸びも、まったく期待の出来ない世の中です。

 

 

また、

 

 

かつては潤沢に支払われた『退職金』も、

現在では『砂漠のオアシス』が如く、『幻想』の世界の話になっています。

 

 

そのような世の中で、

 

 

『貯蓄ゼロ』若しくは、有ったとしても『ガキの使い』程度の貯蓄額で、

『大多数』を占める日本国民は、今後、どのように生活していくのでしょうか??

 

 

かつて、

 

 

『世界が100人の村だったら』という旨の本が、

ベストセラーになったことが有りましたよね。

 

 

私の記憶では、

 

 

もし前述の仮定だった場合、今日無事に生きられて『貯金』がある人は、

世界全体の人口から見て、『5%未満』の貴重な存在だったと思います。

 

 

だから、

 

 

『当たり前』のように感じているかも知れないけど、

『日本』という国に生まれたことをに感謝しようよ、と。

 

 

それ(この本のベストセラー化)から10年以上の時間が経過し、

この国は、上記の発言も、既に出来ない状況になりつつあります。

 

 

『先進国』でも何もなく、『貯蓄ゼロ』に限りなく近い、

『発展途上国』サイドの『95%以上』の存在へ、、、、

 

 

その事実に、気付いているでしょうか??

 

 

主催セミナーではいつもお伝えしているメッセージですが、

今の時代、『資産形成』をしていないという事は、そのまま『人生放棄』を意味します。

 

 

『その事実』『社会の流れ』にセンシティブに気付き、

多くの方々が『具体的アクション』を起こされる事を願います。

 

 

『金融リテラシーを高めて、具体的に資産形成をしたい!』という方に最適なセミナーを、

今月は神戸・三ノ宮3月25日(月)、大阪・梅田3月27日(水)の日程にて開催します。

 

 

■2019年3月25日(月)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin神戸・三ノ宮■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

*2018年6月から、神戸・三ノ宮でのセミナーもスタートしました!

 

 

■2019年3月27日(水)開催!将来のお金の不安が2時間で消えるセミナーin大阪・梅田■

****セミナーご案内ページはこちらをクリックください****

 

 

『具体的なアクション』を起こすことでのみ、

人生は、本当に好転していくものだと思います。

 

 

ぜひ勇気を持って、新たな一歩を踏み出してみてください。

皆さんに、直接お会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

セミナーを受講する間でもなく、

 

 

『今すぐ、具体的に資産形成をスタートしたい!』という方は、

ぜひ勇気を持って『お金のセッション』を受講してみてください。

 

 

****プライベートセッションご案内はこちらをクリック****

 

 

****『お金のセッション』ご予約はこちらをクリック****

 

 

井上耕太事務所

代表 井上耕太

ABOUTこの記事をかいた人

井上 耕太

・1984年4月21日生まれ。
 岡山県津山市 出身。国立 神戸大学 卒業。

•『人生を変えるお金のセッション』★
 海外投資を活用した、セミリタイアライフプランを提供します。

•資格:CFP®(ファイナンシャルプランナー国際ライセンス)
   1級ファイナンシャルプランニング技能士(国家資格)

•趣味:野球、走ること、美味しいランチ巡り、海外一人旅

•専門:プロアスリート ファイナンシャルアドバイス
20代から始める、40歳セミリタイア ライフプランニング

•使命:自らの発信により、『経済的自由人』を100万人規模で輩出する。

■詳細なプロフィールはこちら■
http://michiamokota0421.com/profile